女流海水事情
シマヤッコとミドリイシに魅了された哀れな女のお話
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外部フィルターでミドリイシを飼う 2

2006年に水槽を立ち上げ、一年間ろくに水換えもせず、
ただひたすら毎月外部だけはメンテしていた愚行をお届けしましたが、
さすがの私も考えた2007年。



ソフトやハードは飼えるのに、

なぜミドリイシは飼えないんだろう?





チ~ン!


分らん!!(爆)



でも、何かがマズいんだろうから、水換えを習慣にしよう!
90×30×45の水槽で、外部の中身入れたって100リットル切る位だから・・・
まず3日に一度水換えしようかな?
量は?
家のバケツ10リットルだから・・・8リットルいっとくか!!

即断即決思いつき!しかも適当!

バカの一つ覚えと言うか、決意したその日から、
外部の月一メンテと同じ様に、3日に一度8リットルの水換えは続きました。
試薬で硝酸塩0、リン酸0.1を確認できたのは間もなくの事です。
吸着材を導入する事により、その後リン酸はホビーレベルの試薬では測定できないようになりました。
00.jpg
2008年の水槽 一個体落下により殉職(オヤユビ)。2個体は先日嫁入り(スゲ・ハナヤサイ)。2個体健在(フトトゲ・ハナガサ)




LR「最近定期的に新しい海水が入ってくるようになったなあ」

砂「ワシらも随分楽できるようになってきたし、結構な事や!」

外部「あの~・・・そろそろ僕も何かお手伝いさせていただきたいんですが・・・」

LR「ああ!アカン!兄さん仕事した後のツケはワシらに回ってくるだけや!」

砂「そや!兄さんは黙って水だけ回しといてや!」

外部「それじゃ・・・僕の存在価値って・・・」

LR「何もしない事が兄さんの仕事や!」

砂「今日から兄さんは外部やない!ポンプや!」

外部「僕は・・ポン・・プ・・・・?
   でも!お二人だけでは大変でしょ!?僕だって濾過のために生まれてきたのに!!」

スキマー「私の事をお忘れですか?
生物濾過?ホッホッホ!これからの時代は物理濾過ざますよ!」

外部「!?・・・彼は?」

LR「ああ・・最近入れ替えされたスキマーって奴さ・・・腐る前に何でもコシ取りやがる・・・
  水換えと奴の働きがメインになっている。俺達は奴の残りものを仕事にしてるってワケさ・・・」

砂「ただ、忘れちゃいけねえぜ?奴一人でこの水槽を維持してるんじゃない。
  俺達生物濾過も出しゃばらず存在し続ける事で成り立ってるんだ。
  あの女もそれが分ってきたんだろうよ?
  魚の数を必死に抑えてやがる。餌だって一日ごく少量サ。
  水換えも外部のメンテもサボったりしねえ・・・
  見ろよ?
  朝起きると買ったばかりのミドリイシが白化してないかって、不安な顔でコッチ見やがる・・・
  安心すると、ほら、あの笑顔だ・・・・
  あの笑顔を守ってやるのが、俺達の本当の仕事なのかもしれねえな・・・」



その後、調子に乗った女は次々とミドリイシを購入していったのである。
外部メンテと水換えの習慣・・・それは今も続いている・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


外部フィルターでミドリイシを飼う 

外部フィルターで水槽をまわしている訳ですが、
一番のメリットは「溢れない」「低価格」・・・

あれ?後、思いつかない^^;
外部


デメリットと言えば・・・
一般的に言われている事の筆頭にまず「硝酸塩工場」
「システムカスタマイズのしにくさ」
「給水排水パイプ等による美観の妨げ」
「酸素不足」
「メンテナンスの手間」

・・・と、かなりあります^^;

ソフトやハードを飼育するなら外部でも問題ないでしょう。
水質にうるさいミドリイシを飼うために克服すべき点や壁は、OFのスムーズさに比べると酷なものがあるのかもしれません。

雑誌・ネット・飼育書を覗いても、
「外部でミドリイシ?小汚い茶色や緑ならなんとか・・維持できる・・かな?」
位しか書いてありません。


ふふふふ・・・
お前はまだ外部神拳の極意を知らぬ・・・・



なぜ外部フィルターでミドリイシを飼い始めたのか??
それは・・・初心者の皆さんが一度は頭をよぎる考え・・・

「ミドリイシ一個くらい入れてみたい」(* ´З`*)


はい!私も勿論思いました(^^ゞ
んで、入れました♪(2006年水槽立上げ 一年経過した2007年の事です)
はい!すぐ白化しました♪

・・・・
(-_-メ)
(-_-メ)
(-_-メ)

なんでや!?(゜Д゜;)

きのこ
               2007年の水槽 散っていったミドリイシとともに・・・

「外部だから」とは思わなかったんですね。当時(笑)
無知に乾杯♪



海水魚飼育を始めたスタート当初から、私は月に一度外部をメンテしていました。
中の海水を抜いて、ろ材を洗っていたわけです。

いや~!きちんと立ちあがるまで一年かかりました~(^^ゞ
って!
原因は外部の触りすぎやろ!?

水槽立上げ一年の間、当時の水換え頻度は月に1~2回・・・かな?・・・
覚えてない位ですから当然習慣化されていなく、水量30%以上換えていた自信すらありません^^;



順調にいかない水槽。
海水魚って難しいんだなあ・・と己の非を棚上げ。いや、知らなかったんですね。
それでも水槽をキラキラした目で見つめる私のために、
奴らは立ちあがりました


「しょうがね~な~・・・ったく・・」

役立たずな外部を見かねて、重い腰を上げたのは
ライブロック底砂だったのでしょう。


LR「いつまでたってもラチがあかん!おう!兄さん、俺たちに任せときな」

砂「邪魔にならんよう、座って見とき」

外部「あ、すみません。恐縮です」

LR 「泣かせてどうすんだい?女は笑わせといた方がいいのさ・・・」

外部 「だって!あの女ヒドイ扱いを・・・!!」

砂「ワザとじゃねえだろ?女は恨むもんじゃねえ。守ってやるもんだ」



さあ!
無知で哀れな女の運命やいかに!?




続く・・・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


コソッと始めます!

今日から誰にも内緒でブログを始めます。
いえ、そんな有名人でもなんでもない影の薄い一般人です^^;

2006年に海水魚飼育を初めてから今日までに、多くの海水魚仲間と知り合いになる事ができました。
仲間がいるのならブログ始めた事言や~いいじゃん!って思われるでしょうが、

「中途半端なこの時期に今更ブログ?」
「だって皆ブログしてるから・・」

と、カッコ悪い真似っこスタートですから内緒です^^;
ええ、せせら笑って頂いて結構です。

さて身内的言い訳はさておき・・・
自己紹介がてら現在の水槽画像です(^^ゞ
(5月の画像ですので現在とはレイアウトが少し違います)
ちなみに、今後とも低性能携帯での見づらい画像をお届けしていく事を宣言しておきます(爆)

6月24日 水槽レイアウト途中


90×30×45で現在中場~深場をメインに飼育中です。
魚はヤッコ主体ですが、特筆すべきは我が最愛のシマヤッコ!
ちょっと他人と変わっている点といえば、この水槽は外部フィルターで回っています。

外部フィルターでミドリイシ飼育はふさわしくない、つか無理っしょ?というのが一般的ですが、なぜか出来ちゃってます(^^ゞ
古株のミドリイシで2~3年ですから、切り花的飼育ではないですよね??

なぜ外部でミドリイシが飼えるのか!?

・・・さあ?(爆)

暇を見つけて更新していきますので、また見に来て下さい(^.^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




プロフィール

まるまっこ

Author:まるまっこ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


ブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター

現在の閲覧者数:


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
11993位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
823位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。